医師としての仕事を探すにはどうすればいいの?

人脈を頼るのが第一選択

医師が転職するときに良い仕事を探したいと考えたらまず人脈を頼るのが賢明です。医局や職場の上司、学会で知り合った医師、大学の先輩などを頼って良い仕事がないかと聞いてみると耳寄りな情報を得られることがあります。有能だとわかっている医師が欲しいと考えている現場が多く、人脈を頼りにした採用活動は医療業界では珍しいものではありません。仕事をしながら着実に人脈を作り上げていき、転職したいと考えたら自分に合っている仕事ができる場所がないかと相談してみるのが第一選択です。頼りになる上司や知人をできるだけ増やすことが重要になるため、積極的に他の診療科や他の病院の医師ともコミュニケーションを取るように心がけましょう。

エージェントを活用しよう

人脈によって仕事を紹介してもらうのが難しいという場合にはエージェントを活用するのが良い方法です。転職エージェントに相談すれば希望している仕事に従事できる求人を紹介してもらうことができます。何をしたいのかわからないけれど、自分の力を生かせる仕事をしたいと漠然と考えているという場合にもエージェントは魅力的です。キャリアや経験などから考えて本領を発揮できる求人を探し当てて紹介してくれます。待遇などについて不満がある場合には雇用主との交渉も行ってくれるため、仕事の内容だけでなく待遇面についても満足できる転職ができると期待できるでしょう。仕事探しで困ったときには医師を扱っているエージェントに相談するのが得策です。