気になる!医師がアルバイトをするメリットって?

キャリアアップの機会になる

医師がアルバイトをすると本職で働いている病院やクリニックだけでは足りないキャリアを作り上げることができるのがメリットです。内科医の場合には多様な患者に対応していくことで柔軟な診断力が身につくと共に、症例数を増やして着実にキャリアアップを行うことができます。外科医の場合にはアルバイトで執刀数を増やしていくことが可能であり、外科医としての専門性を高める上で大きな助けになるでしょう。また、専門外のスキルを高めるためにアルバイトをすることもできます。例えば、心臓外科で働いている医師が循環器内科でも仕事の経験を積むと包括的に見た医療を実施できるようになり、様々な現場で重宝される医師になることができるのです。

時給が高いから資金を稼げる

アルバイトをする医師の中には資金を稼ぐことを目的としている人も少なくありません。医師は専門職として高く評価されていることから高い時給でアルバイトをすることができます。日給で一万円を超えていることも稀ではありません。アルバイトだけで十分に生計を立てられることから、正規雇用を望まずにアルバイトで生活している医師もいるのが実情です。しかし、実際には若くて働けるうちに稼げるだけ稼ぎたいと考えて副業としてアルバイトをしている医師が大半を占めています。資金獲得の目的として将来的に自分のクリニックを開業するための予算を手に入れることを掲げている医師も多く、着実な将来設計の手段としてアルバイトが活用されているケースが多いのが実情です。